ミズノウエーブライダーにはいくつかの特徴がありますが、最大の特徴はプレート構造です。アシックスのゲルやナイキのエアに比べると、プレートを使用しているために剛性感が強く反発力が強めになります。直進安定性が高く前へ進むトラクションが発生しやすい構造であり、反発力の強さを緩和するためにMIZUNOENERZYでプレートをサンドイッチして、バランスの良い反発力と衝撃吸収性を実現しているのです。このシステムはミズノのウエーブライダーが先行していた技術ですが、近年ではナイキも取り入れておりポリウレタン系ミッドソールにカーボンプレートを入れることで反発力を生み出し、厚底のポリウレタンミッドソールで着地時の衝撃を吸収しながらリターンすることで同様の効果を得ております。

ランニングシューズは耐摩耗性の高いアウトソールや、衝撃吸収力に優れたミッドソールのバランス配合が大切です。そして適度な反発力があることで、着地から蹴り出しまでがスムーズに行えるのです。ランニングシューズの答えを探し続けているメーカーの答えが、ミズノやナイキのプレート採用に至りました。ランニングシューズではこのバランス配合を変化させて、反発力や軽さを重視したレース用シューズや、反対に趣味のジョギングで足をサポートするクッション性重視のモデルまで幅広くあります。

ウエーブライダーはそのどちらも高い次元で融合しており、安定感の高いシューズになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です